必要不可欠な存在

スマホゲームは、ほとんどがアニメーションでできていると言っても過言ではありません。
もちろん、スマホゲームを作るためには、基となるシナリオを作るライターや、キャラクターや世界観を表すためのイラストレーターも欠かせませんが、それらをゲームの形にするためには、アニメーション制作に携わるアニメーターの存在が必要不可欠なのです。

みなさんは、テレビや劇場で公開されているアニメーションがどんな風に作られているかをご存知でしょうか。
デジタルで作成されるようになるまでは、少しずつ変化をつけた絵をパラパラ漫画のように素早く入れ替えていくことで動いているように見せていました。
デジタルになっても、基本は同じです。
紙やセル画の代わりに、たくさんのファイルを用いることでアニメーションを作成しているのです。
変化を細かくし、紙やファイルの数を多くすればするほど、アニメーションの動きは滑らかなものになってゆきます。
ですが、その分コストはかさんでゆくので、アニメーション制作者は、常にコストとのバランスを考えながらアニメーションの制作にあたってきたのです。
また、スマホゲームなどの場合、ファイルが増えると動作が重くなるので、そうしたところにも配慮して作られています。

アニメーションは、キャラクターの動きだけでなく、演出にもふんだんに使われているので、どうしてもファイルの数は増え、重くなりがちです。
それをいかにして少なく軽くするかもアニメーション制作者の腕の見せどころだと言うことができるでしょう。
また、アニメーション制作用のソフトウェアの性能も、それを支える大切なものであることから、制作に携わる人たちは新しいソフトウェアが開発される都度、試しているだけでなく、いいものは率先して使用しているのです。

日ごろ、何気なく楽しんでいるスマホゲームですが、その陰には、アニメーション制作者たちの努力があるのだということをぜひ覚えておいてください。

ページトップへ