使いやすさを求めて

多くの人が、ゲーム用に制作されているアニメーションと聞くと、アクションRPGなどで多く用いられている「アクションシーン」を思い浮かべるのではないでしょうか。
ですが、ゲーム内で用いられているアニメーションは、アクションシーンの演出だけではありません。

スマートフォンやタブレットを使用している人の中には、毎朝、その日の運勢を確認してから出かけるという人も少なくないのではないでしょうか。
そうした「おみくじアプリ」などもアニメーションによって作られているのです。
ですから、ゲームに限らず、スマートフォンやタブレットで利用しているアプリケーションのほとんどで、アニメーションは使われていると言っても過言ではないでしょう。

ですから、スマホゲームやアプリケーションの制作現場では、アニメーション制作に携わる多くの人が働いています。
かわいらしいキャラクターを動かすことが得意な人もいれば、上にも書いたようにアクションシーンを専門に作っている人、おみくじアプリで使われているような演出を専門にしている人など、所属している人の数が多いだけでなく、携わっている作品の数も膨大です。
なぜなら、スマートフォンやタブレットが普及したことによって、ゲームやアプリケーションの利用者はうなぎのぼりで増えているからです。

また、こうしたアニメーション制作に携わる人たちは、いかにしてさまざまなプラットフォームで滑らかな動作を実現するかといったことも考えながら制作にあたっています。
優れたアニメーションを制作できるスキルを持っていたとしても、使用するプラットフォームで正しく作動しなければ意味がないからです。

そのことから、アニメーション制作に携わる人たちは、軽量で動きのいいアニメーションをいかにして作るかで頭を悩ませているのです。
新しいソフトウェアが出ればそれを試し、日々、ユーザーが使いやすいアプリケーションやゲームになるようにと努力を続けているのです。

ページトップへ